ハプスブルク帝国のアールヌーヴォー建築

著者小谷匡宏著
出版社
本体価格
サイズB5
ページ数469頁
ISBNコード978-4-86338-257-2
発行月2020年4月
内容紹介リンクリンク1
備考ハプスブルクとは、まさに前近代と近代のはざまに位置する、ある意味でどちらの類型にも属さない、型破りな存在である。そこがアールヌーヴォー建築の宝庫であるという小谷さんの指摘が興味深い。歴史と建築との平行関係に頭をめぐらせながらながめると、この本はさらに楽しめるものになるであろう。(建築家・隈研吾氏寄稿文より)